Clubhouseで起きた”事件”に思うこと

『お金は稼ぐものじゃなくモテるもの』

ともたけ@お金モテstyleです。

 

先日から、極秘に第一期を
こっそり始動していたプロジェクトの
2期生募集を開始したところ

早速、お申し込み前提の
お問い合わせを頂いています。

 

また、先日の日曜日には
Clubhouseで本プロジェクトに関する
さらに詳しいお話をさせて頂いたところ

20名を超える皆さんにお越し頂きまして
最後まで熱心にお聞き頂きまして
関心の高さに驚いています!

 

その一方で、

「AndroidなのでClubhouseに参加出来ないんです・・・」

といった声や

「とても興味があるんですけど米国在住なので
時間帯が深夜帯ど真ん中で無理すぎて断念しました・・・」

といったお声を頂戴したことから

zoomにてお話のうえ後日音声を
お届けしたりしていました。

 

そんな感じでのんびりと過ごしていたら
先日のClubhouseの最後のほうで
ちょっと面白い”事件”が起きたんですね。

 

というのとある男性が突然手を上げて
スピーカーで上がってきたかと思えば、開口一番

「私はSNSのインフルエンサーたちが言うような
人生を変える必要なんて全くないと思うし
むしろ今のまま変えないほうが正しいと思うんですよ!」

と、いきなり持論を主張しはじめたからです。

 

しばし、ぽかーん。。。

 

えーっと、ここは確か

【ココだけの話】99%の人が知らなかったことを後で後悔する
10年分の人生をたった4ヶ月でワープする秘術を大公開!

というタイトルの部屋だったはずなんですけど(苦笑)

 

場の文脈も流れも全く無視しての
なかなかの強者っぷりだなあと感じたものの

まあ、オープンでやっていたので
そういうことが起こる可能性も
想定していた私は

そのお話をそのまま引き取って

「ええ、あなたがそうお感じなのであれば
それでいいんじゃないですかね?
変わらなくてもいいと思いますよ」

とそのままお返ししたんですね。

 

実際、私もそう感じましたし
既に答えが出てるならここに来る
意味も価値もないでしょう、と。

 

なのでお互いの時間と幸せのために
正直に感じたことをお伝えしたんですね。

 

そうしたら満足されたのか
いつの間にかroomから姿を消して
居なくなっていたという。。。

 

そんな不思議な”事件”があったんです。

 

で、その事件の直後に

「これって何のメッセージだったんだろう?」

と考えていたら

「ああ、なるほど、そういうことね!」

とすぐに腑に落ちたのです。

 

これは、今の時代における
男性性の断末魔だったんだなあと。

 

そして、それはこの男性だけじゃなくて

その場に集まっていた皆さんはもちろん

今、この時代を生きる全ての人にとっての
叫びなんだろうなあと感じたのです。

 

要するに

 

もう嫌だ〜〜〜〜〜〜〜!!

 

変わりたくないよう・・・。

 

えーん、えーん(涙)

 

みたいな感じの駄々っ子な大人が
相当いるってことなんですね(苦笑)

 

実は今から半年ほど前の
極秘プロジェクトの第一期スタートの前に

主に男性に向けての生き残りセミナーを
開催したことがありました。

 

そこでお伝えしたことは
以下の3つを辞められないと

アフターコロナ時代を生き延びることが
かな〜〜〜〜〜〜〜り難しくなりますよ

ということだったんですね。

 

それが

1.俺が正しいの!

2.俺のほうがすごいの!!

3.俺ってかわいそうでしょ。。。

の3つだったんですね。

 

こうして文章にして客観的にみると
まあまあヤバいですね(^^;)

 

この3つを全力でやってる男性って。。。

 

俺は心と視野が狭いんだ!

俺は虚栄心と劣等感の塊なんだ!

俺はモテない悲劇のヒーローなんだ!

と全身全霊で自己主張してるわけですから(苦笑)

 

私も書いてて、軽くめまいがしてきました・・・。

 

でもこれって女性だったら
すぐに分かると思うんですけど

最も関わってはいけない
スーパーダメンズの3条件なんですよね。

 

なのに、そうした残念なあり方に
なってしまっていることに
自分では全く気づいていないわけです。

 

そこに意識を向けた時に、間もなく
本当の意味での断絶が起こるタイミングが
いよいよ近づいているんだなあと
私の時代を読むセンサーが反応したのです。

 

よくいろいろな分野での
二極化っていいますけど
二極化ってまだ可愛いんですよ。

 

例え、望まない方に行ってしまったとしても
後で取り返すチャンスは残されているからです。

 

随分前に

勝ち組 or 負け組

みたいな言葉があったりしましたけど

例え一旦負け組に入ったとしても
後で十分挽回するチャンスはあったんです。

 

自分の駄目さ加減に気づいて
自分を変えようとすれば、ですけど。

 

でも、断絶は全く違うんですよ。

 

読んで字の如く完全に
交流できない状態ですから

1度でも分離してしまったら、もう2度と
もう一方へは行けなくなるってことなんですね。

 

そして、その断絶が早ければいよいよ
2021年後半あたりから起きはじめる
可能性が現実味を帯びてきました。

 

しかも、今回の断絶は全く
目に見えなかったりします。

 

そしてこの断絶は
2015年と2019年に開催した
金融経済セミナーでお伝えした内容のもの。

 

BOメンバーさんにはいち早く先月の勉強会で
お伝えした内容がそのヒントになってますので

人生の取り返しが付かなくなる前に
よく聞き返しておいてくださいね。

 

新型コロナの登場によって

社会のオンライン化

が急速に進んだ一方で、同時に
人の物理的な移動が制限されました。

 

これはまだまだ数年はかかる公算が大です。

 

でもこれはまだまだ序章にすぎず
もっと大きく社会を根底から覆す可能性のある

『あること』

が待ち構えているんですね。

 

しかも日本だけに。

 

それがもし起きてしまったとしたら
まあまあ大変なんですよ。。。

 

でも、それは多くの人の意識には
まだのぼっていなくても

潜在意識や無意識レベルでは
感じ始めているのでしょう。

 

だから、今回のClubhouseで起きた”珍事件”
に象徴されるかのように、そこかしこで

・変わらなくてもいい証拠

を集めて

「ほら!こっちが正しいでしょ」

と言って回っているような人が
増えているんだと思います。

 

相場を経験したことがあれば
わかると思うのですが

皆が同じ意見だと暴落前夜のサインですし

その主張が論理的に正しければ正しいほど
それが一瞬で崩壊する日が近いサイン

でもあるわけですから。

 

ただし、その

『あること』

の悪影響を避ける方法はちゃんと存在しています。

 

コロナ禍が落ち着いた後の
アフターコロナ時代において

豊かにそしてなにより幸せな
人生を手に入れたいのであれば

今すぐにでも、やっぱり変わりたくない〜〜〜〜〜〜〜!!
と叫びながら時代の津波に飲まれていく人を
横目で見ながら

 

1.捨てる(不要なモノ、常識、人間関係を手放す)

 

2.自分で決める(他人に正解を求めず自分で正解を決める)

 

3.不安を言い訳にせず行動し続ける(覚悟と勇気を持つ)

 

の3つを言い訳なしではじめましょう。

 

こちらの記事でも詳しく解説したように

 

『お金は稼ぐものじゃなくモテるもの』 ともたけ@お金モテstyleです。 とある日の夕方のこと。 Facebo...

 

それ以外にアフターコロナ時代を
経済的にも豊かに生き残ることのできる選択肢は
もう残されてはいないのですから。

 

特に日本は。

 

そのことが100人に1人でもいいので
伝われば嬉しく思います。

 

あり方ファースト、やり方セカンド。

【無料メルマガ】お金モテの法則

Related Entry

星の王子さまが教えてくれるタイムマネジメントの落とし穴

マルイ博多で感じた日本の現実と貧困化

やり方が分からない・・・そんな時に役立つ『一は全、全は一』の...

実は離婚しました・・・

令和の時代に人生を楽しむコツ〜『エネルギーの視点』から世界を...

お金モテstyleの原点〜神社と競馬場の共通点