お金は数字で出来ている!?悲しき熱帯と期待値の視点

『お金は稼ぐものじゃなくモテるもの』

ともたけ@お金モテstyleです。

 

ここ最近は、毎回のように
期待値、期待値と連呼している
ともたけです(笑)

「これは期待値プラスかな?」

と立ち止まって考える習慣の身についた人が
ひとりでも増えるように

しばらくは連呼し続けようと決めました。

だって

『期待値の視点』

を知らないばかりに

逆を選べば順調そのものだったのに
無意識に自分の人生を自ら混乱に陥れる選択をしたり

逆を選べば幸せそのものだったのに
無自覚に自分の人生を不幸に突き落とす選択をしたり

逆を選べば大丈夫だったのに
取り返しのつかない選択肢を感情の赴くままに
選んでしまって人生を詰ませたり

せっかく悪循環から抜け出せるチャンスを手にしたのに
そのチャンスをみすみすドブに投げ捨てたり

する人が跡を絶たないからです。

本当に勿体ない。。。

そういう人がとても多いんだってことを
今回のコロナ騒動が可視化してくれました。

それを見て私はこう感じたんですね。

みんなどれだけドMなんだと(苦笑)

そんなに苦行や修業好きな人が多いのかな????と。

私からみると

・お金が嫌い

・自由が嫌い

・美味しいのが嫌い

・気持ちいいのが嫌い

・可愛いのが嫌い

・楽しいのが嫌い

といった選択パターンと行動を
繰り返している人がとても多いんです。

私にとっては

人生は、美味しく、気持ちよく、楽しむもの♪

なんですけど、その反対方向に
突き進む人がとにかく多い。

これって何故なんだろう?

とずっと思っていたんですけど、単純に

『期待値の視点』を”知らないだけ”

でしたね。。。

そういう意味でも勉強って
大事だなあとつくづく実感。

この『期待値の視点』については
今でも毎日のように嬉しいご感想を
頂いていますので今回もひとつご紹介を。

ともたけさん、こんにちは。

先日は、期待値セミナーありがとうございました。何度も聞いてます。

今日やーーっと満点取ることができました。

今までどうしても、28点が最高でしたが、昨日のメルマガでヒントを頂いて、やーーっとたどり着きました‼️嬉しいです。

私は直感型で、計算も苦手です。

お金についての向き合い方を改めようとしていてうまく行かないけど、何とかしたい、と、もがいてました。

いつも佐賀のきららカフェの富永さんのブログを読んでいて、ともたけさんのことを紹介されていたので、リザストのメルマガ登録して去年から読ませて頂いてます。

テストを最初に受けた時は初心者レベルだったので、これはヤバい‼️と思い、先日のズームセミナーに申し込みました。

本当に申し込みをしてよかったです。

これからも音声は何度も聴いて、メルマガも楽しみにしてます。
ありがとうございます。

 

ありがとうございました!

お金のことを学びたいと思いながら
数字が苦手で、、、で止まってる方が
少なくないんですけど

お金は数字で出来てますから!(笑)

当たり前ですけど
この事実から目を背けると

”期待値マイナス”の選択をし続けて
人生を逆走させてしまい

お金に逃げ続けられる...

という現実をいともカンタンに
引き寄せてしまうので
注意してくださいね〜!

そういう意味でも

・苦手だな

と感じることほど
どこかのタイミングで向き合って

しっかり学ぶことって
とても大事なんですよね。

特に、今のような過去の経験や常識が
通用しなくなってしまった時代にあっては
自由であり続けるためにも勉強は必須。

別に机に座って
テスト対策することだけが
勉強じゃないですし

学校を卒業した後に
社会に出てからのほうが

圧倒的に勉強することの
重要性が増しますからね。

学校では勉強しなくてもいいけれど
社会に出てから勉強しないのは致命的で

時には人生の致命傷になる
とさえ思っています。

だから、学校があるんですね。

個人的には学校って

勉強する習慣を身につけることが最大の目的

なんだと思っています。

なので極論すると何を学ぶのか?
はそれほど重要じゃない。

それよりも日々学ぶ習慣を
身につけることのほうが圧倒的に大事。

私はそう感じています。

そうして、社会に出ると
勉強する習慣が身についていることを前提に
勉強し続けることが求められるので

そこで仕事が出来る・出来ないの
差が付くんだろうなあと

個人的な経験と周囲を見渡しての観察から
そう感じています。

そういう意味でも

自分の直感と反する選択を選べるようになると
望む現実がやって来る可能性が飛躍的に高まる

という眼から鱗の真実を知ることの出来る

『期待値の視点』

は、このコロナ騒動下では必須だなと思うのです。

まずは何はともあれ生き残ること
が最優先される時代ですからね。

一方で、最近、期待値!期待値!!
と連呼しているうちにメルマガ解除が
ガンガン出るようになりました(苦笑)

まあ、これは想定の範囲内というか

感性・感覚が合わない人には離れて貰った方が
お互いにとって幸せなので

個人的にはいい流れだと思ってます。

むしろ、メルマガ解除されないような
無難で八方美人な内容を

メルマガで書く意味は全くないな・・・

とさえ思ってるので
そういう意味でも順調なんですよね。

でも、一方で想定外のこともありました。

それが、私の知らないところで
たくさんの方からご紹介頂けるように
なってきたってことなんです。

結果、メルマガ読者数が
これまでにないペースで
増え続けているんですよ!

私の知らないところで
ご紹介頂いている皆さま

この場をお借りして
心からお礼を申し上げます。

本当にありがとうございますm(_ _)m

特にここ最近

「〇〇さんのご紹介で
ともたけさんのことを知りました!」

とメッセージを頂くことが多いのは

頂いたメッセージにもあった
佐賀は嬉野でご活躍されている
インフルエンサー・きららカフェの富永さん。

昨年、博多のリザストセミナーで
ご一緒させて頂いてからのご縁です。

また、おそらく主催されているコミュニティ内で
私のことをお話してくださった結果

生徒の皆さんが私のことをブログなどで
ご紹介してくださっている住福純さん。

一昨年末に
100万円を寄付することを目指す
チャリティイベントを企画して

声を掛けてくださった
起業のプロフェッショナル。

誕生日が6日しか変わらない純平ちゃんこと
リザスト創業者の相馬さん繋がりで出会った
九州で活躍されているお二方です。

改めてお礼を申し上げますm(_ _)m

こうした自分ではコントロールできない部分で
有り難い流れが引き寄せられるのも

『満たし・調え・与えて・受け取る』

のエネルギーマネジメントを
徹底しているからこそだと感じています。

とにかくどこまでも

自分が100%コントロールできることだけ

にフォーカス。

そうして溢れ出てきたエネルギーだけを
外の世界に流していく。

そうすることでどんなやり方をしていたとしても
自ずと望む結果が出に入るのですから。

 

あり方ファースト、やり方セカンド。

女性性ファースト、男性性セカンド。

この言葉の意味をひとりでも多くの方が
体現できますように、と祈り続けたいと思います。

 

最後に、

”人間は自由の刑に処されている。”

そう表現したのは生涯を掛けて
人間の実存と向き合い続けた
フランス人哲学者のサルトルでした。

その友人であり
サルトルのよき批判者だった

クロード・レヴィー=ストロース

は1955年に発表した名著

『悲しき熱帯』

のなかで

西洋文明が最も進んでいて
未開の文化が劣っていると考えるのは
西洋人の無知からくる傲慢にすぎない

と喝破しました。

たまたま偶然そうなっただけの
西洋文明を絶対的な正解だと考える
無知な姿勢を痛烈に批判した結果

20世紀を代表する文学作品として
今でも評価されるのがこの紀行文
『悲しき熱帯』なんですね。

このことからも分かるように

「このやり方が絶対に正しいはずだ」

「正解さえ見つけることができれば人生はきっと良くなるはずだ」

「どこにあるの?正解は??」

と思い込み、唯一絶対としての
やり方の正解を求めれば求めるほど

無知と傲慢の世界に突き進むのが
私たち人間だということ。

そんな残念なあり方の人間に
なってしまわないための処方箋が

『期待値の視点』

にはある。

男性性を乗り越えていない
女性性優位な人の直感ほど
お金を遠ざけてしまうものはない。

この知られざる
お金モテのメカニズムが

一人でも多くの人に
伝わったのなら望外の喜びです。

【無料メルマガ】お金モテの法則

Related Entry

”お金の奴隷”からの卒業

女性性の時代、風の時代にシフトするたった一つの方法

【お金モテ検定<思考編>】2021年〜年越しフォートナイトと...

占いに依存する人が金運に見放される理由とは?

”コロナ大航海時代”(アフターコロナ)を生き残るための準備は...

女性性の時代という言葉の落とし穴