BO合宿2018春in熱海&箱根

伝説の合宿、再び開催へ

2017年の9月に金沢にてBO初となる1泊2日の合宿を開催しました。

当時、BO全体のメインテーマ(課題)は明らかにお金よりもパートナーシップ。そこで日本神話に登場する男神イザナギと女神イザナミがケンカした際に、その仲を取り持ったとされるククリヒメが祀られている、『しらやまさん』こと白山比め神社へ皆で参拝に行こう!と思いたったのです。

しかも、しらやまさんのすぐ近くには、コンサル系上場企業の船井総研の創業者をして「お金に困りたくなかったら、ここをお参りするといい」と言わしめた金運の世界では超有名な神社・金剱宮(きんけんぐう)もありました。

エネルギーの視点に加え、お金モテstyleには絶対に欠かせないお金の要素。そこであわせて参拝することにしたのです。

すると行くところ行くところで出るわ出るわの大吉祭り!!

比較的辛口なおみくじが多いと言われるしらやまさんでも大吉が続出して、金沢の神様たちから「おお〜よくきた!よくきた!!」と私たち一行は大歓迎を受けることになったのです。

その後は昼間からお酒を飲みつつ、ミシュラン本にも掲載されている金沢の美味しいお鮨屋さんで舌鼓を打ちながら、合宿会場となる築125年のリノベーションされた古民家へと移動。

その1Fのキッチンフロアに集まって、皆でつくった手巻き寿司をほうばりながらエンドレスのおしゃべりタイムへと突入。

どれだけ時間が経っても、どれほど夜が深まっても、いつまでも、どこまでも話題は尽きず、ふと気がつけば朝の4時を迎えていたのでした。時を忘れるとはまさにこのこと。

先日BOを一旦ご卒業されたTさんは、その時の様子をラウンジにリアルタイムで投稿されていました。

〜〜〜〜〜〜

ブルーオーシャンの皆様、こんばんは。
本日、金沢合宿に参加させていただいているTです。

今回のテーマはパートナーシップ。
お昼から家庭内のエネルギー循環など、熱いトークが繰り広げられております。

そして、夜が更けるに連れて、けっこうドロドロとした話も飛び出しておりまして、ちょっぴり意外な人からブラックな一面が飛び出したりして、「熱い」&「ドロドロ」で、とっても濃い~~~~場になっております。

そんな中で、Kさんが淹れてくださるコーヒーが、癒やしです。
コーヒー好きとは聞いていましたが、ここまでとは!!

コーヒーを淹れるKさんの格好良さにキュンキュンしつつ、新たなパートナーシップの視点をいただいている濃い夜です。

以上、金沢からリアルタイム中継でした!

金沢合宿の参加者は私を含め7名。もちろん1回限りの限定開催。

元々は参加予定だったのにお仕事の都合で参加できなくなったり、参加費という壁を乗り越えることができず泣く泣く断念された方もいらっしゃいました。

でも、私は「絶対に参加しないと勿体ないですよ!」と背中を押すこともせず、「分割払いを用意しましょうか?」という提案も一切しませんでした。

なぜなら、自らの意志で不安なほうへと進む決断ができないことには、人生は一歩たりとも前に進むことはないからです。

「うわー、これはちょっと怖いよ・・・でも、この目の前の壁を乗り越えないと人生が進まないのも分かってるんだよね。。。でも、やっぱり不安だな・・・」

そうしたジリジリした葛藤は誰にでもあります。不安のない人なんていません。私だって例外ではありません。でも、その壁を乗り越えた時にはじめてヒントや気づきを受け取れるように人生がなっている以上、不安なほうへと進むしかないのです。

まさに先に与えるからこそ受け取れる。与えられない人は受け取れない。これがBOで何度も何度も繰り返しお伝えしているエネルギー循環のメカニズム。

だから私は

「この日、この場所に集まって一緒に寝食を共にするメンバーには、必ず共通のテーマと物語があるはずだから、皆の意志に全て任せよう」

と祈ることに徹していました。

念力を飛ばして人を無理やりコントロールしようとしない。むしろ、「どうか自分で気づいて自分で行動することが出来ますように。」という祈りの姿勢を崩さなかったのです。

その祈りが通じたのか、集まるべきメンバーが金沢に集結。

後から振り返ってみても、金沢合宿が人生のターニングポイントになった方が続出したのです。

合宿後の皆さんの変化は想像以上に凄まじく「人生ってここまで短期間で激変するものなんだ!」と主催者である私自身も驚かされたほど。

例えば

・別居中だった旦那さんを正式に手放して、念願のピースボートに乗って世界へ出ていくことになった女性

・長年違和感MAXのまま勤め続けていたものの、なかなか辞める踏ん切りがつかなかった会社についに辞表を出すことができ、あわせてBOへ参加することになった奥さんの応援を背に、新しい働き方をスタートさせた男性

・旦那さんに「あなたのことは嫌いじゃないけれど今のままの生活はイヤ!だから離婚して!!」と本音を伝えることができ、緑の紙に印鑑を押したうえで、お子さんと2人で実家に帰ることを決め、新生活に向けて行動しはじめた女性

など、目に見えて現実を動かし始めた方が続出したのです。

私は滅多なことでは奇跡という言葉は使わないのですが、この時の合宿を表現するのに、この奇跡という言葉以外にしっくり来る言葉を見つけることができませんでした。あたかも誰かに呼ばれ導かれたかのように。

この時の合宿様子をエネルギーの視点から見ると、いい土地、いい場所、いい人のエネルギーを存分に受け取ったことで、そのエネルギーを自分の人生を変えるために集中して注げるようになり、結果として目に見えるカタチで現実を動かすことが出来るようになった、ということが見て取れます。

そんな風に、合宿に参加された皆さんが人生の主導権を取り戻し、自らの意志で人生を切り拓いていく姿をリアルタイムで見守っていた私は、必要なタイミングが来たらまた必ず合宿を開催しよう!と密かに心に誓ったのでした。

短期間で一気に人生という名の神話を前に進められるくらいの莫大なエネルギーを貰える場所。

それが、私がエネルギーチャージや報連相を目的に定期的に訪れている神社であり、BO合宿という場である。私はそうしたメッセージを昨年、金沢の地で受け取ってきたのでした。

そして、年が明けていよいよ2018年がスタート。同時に多くの新メンバーさんもお迎えしてBOは一層賑やかに。

一方で、当初から想定されたことではあったのですが、長い方だと1年半以上、短い方だと数ヶ月程度という経験の差も自ずと生じてきました。

エネルギーマネジメントはある程度、経験がモノを言う世界でもあります。

ですから、ベテランメンバーさんがその経験を生かしてお手本を示しつつ、新メンバーさんはその姿をお手本に日々満たし調えの感覚をインストールしていくというコミュニティ内のエネルギー循環は極めて重要になってきます。

あたかも生きている生命体のごとく脱皮して成長していくBOという場も、次のステージに進むべき過渡期のタイミングにいよいよ差し掛かっているなと感じるようになってきました。

そうした過渡期だからこそ意識しておくべきとても大切なことがあります。

それが

・基本に帰ること

なんです。

スポーツの世界でも、ビジネスの世界でも、アートの世界でも「迷ったら初心に帰れ」という言葉が使われることからも分かるように、人生でもそれは同じことなのです。

BOでお伝えしているエネルギーの高く保つための基本は

・関わる人を可能な限り厳選して漏れを減らすこと

・普段遣いのモノこそ妥協せず厳選し自分を満たすこと

・普段から調った場に身を置くことでエネルギーの高い状態をキープすること

・エネルギーの高い良質な食事を採るよう心がけること

にあります。

これらを踏まえたうえで、自分のエネルギー状態を自分できちんと把握できるようになることが肝心なのです。

特にエネルギーが下がってきたらそれをキャッチして、きちんとリカバリーできるようになることは必須のスキルと言えます。

でも、そのためには今の自分のエネルギー状態が良いのか、悪いのか、最高の状態を100としたら、今はいくつくらいなのか?これを言語化できるくらいまでになっておくことが欠かせません。

逆に言えば、最高にエネルギーに満ちた状態の自分を経験せずに、今がどのくらいの状態なのかを知ることはなかなか難しいとも言えます。

とは言え、日常生活の延長線上のなかでは煩雑なことに振り回されやすく、なかなかエネルギーMAXの自分に出会える機会がないのも現実。

そこで、今回、最高に満たされた自分を知って頂くために、至高の空間を備えた高級別荘と、今のタイミングだからこそ参拝すべき神社を独自調査のうえ、この春、皆で一気に人生を加速させていくことのできる合宿を開催することにしました。

具体的には、初日は日本有数の温泉地として名高い熱海に佇む、源泉かけ流しの温泉のある、延床面積541.68㎡というバトラーサービス付きの超高級一戸建てを貸し切って心ゆくまで満たされた時間を過ごした後、翌日にはパワースポットとして有名な箱根へ貸し切りバスで移動して、箱根神社と九頭龍神社へ参拝し、自分が今やるべきこと、進むべき方向性のヒントを貰うことで、人生を一気に加速させて頂きます。

2018年中に必ずやっておくべきこと

何度も繰り返しお伝えしているように、今年2018年から20年までは3年連続の異常干支。

60年で一回りする干支のなかで13しかない異常干支の年が3年も連続するのは確率的に言えば実に125年に1回という超レアなこと。

これだけを見ても、これからの3年間が全ての人にとって一生に一度しかないレアなタイミングであることを示しているのは明らかです。

「学歴さえあれば未来が保証されていたと思っていたのに・・・」

「理不尽なことが多くても大企業正社員(公務員)として勤めていればいつかは報われると思っていたのに・・・」

「これまでの業界の常識が完全に通用しなくなってしまった・・・」

「お客さまを神様扱いし続けた結果、大変なことになってしまった・・・」

「これまで資格さえ取得してしまえばよかったのに、自分で営業できないとマトモに生活できなくなってきてしまった・・・」

「お金(貯金)さえあれば幸せになれると思っていたのに・・・」

「まさかこの仕事がなくなるなんて3年前は思ってもみなかった・・・」

「まさか長年貯めて来た日本円の価値がこんなにも大きく目減りするなんて・・・」

「まさか銀行の支店が街角から消えるなんて・・・」

「まさか・・・◯◯がなくなるなんて・・・」

そんな、思ってもみなかった、想像すらしなかった『まさか』が次々と起こる可能性があるのがこの2018年からの3年間の特徴なのです。

『まさか』の3年間。

この『まさか』は金融マーケットの世界では”魔坂”と呼ばれ、何も準備をしていない人は、文字通り真っ逆さまに人生が転げ落ちていくことを暗示する言葉でもあります。

でも、大丈夫!

BOメンバーのあなたは、この『まさか』がやって来る可能性があることを既に知っています。であればあとは適切に対処できるようにしっかりと準備しておけばいいだけなのです。

この3年間をどれだけ意識的にエネルギーを高く過ごせるのかどうかが、これからやってくる新しい時代の流れに乗れるかどうかを決めると言っても過言ではありません。

そのことを知っている私が、ここ最近、特に意識していることがあります。

それが微細な変化を感じ取ることのできるセンサーを徹底的に磨いておくこと、なんです。ちなみに、そのセンサーの役割を果たしてくれているのが私たちの鼻に備わっている嗅覚(きゅうかく)。

「あの人、ちょっと臭うよね(怪しいよね)?」

「あの人ってとっても鼻が効くよね!」

という言葉があるように私たちの違和感センサーは鼻に備わっています。その嗅覚を磨いておくことこそが、微細な変化を感じ取り、違和感を逃さず、危険を察知して、『まさか』が起こる前に適切に対処できるようになるための最大の準備なのです。

そのためにやるべきことは、嗅覚センサーを常にONにしておくための

・鼻うがい

を日々徹底すること。

私はこれまで夜1回もしくは朝1回の鼻うがいを2年以上継続してきました。

でも、行動範囲を広げ、関わる人を増やしながら、自分の扱えるエネルギーの量(器)を広げていく過程では、朝と夜にそれぞれ1回ずつ鼻うがいをするケースも増えてきたのです。

まだ慣れていない場合は1日1回でも全く問題ないのですが、ある程度鼻うがいに慣れてきて、さらに新しいことを始めようというタイミングにおいては、1日2回、朝と夜に鼻うがいをするのも効果がある。今の私はそんな風に感じているのです。

いずれにしてもBOでの基本中の基本は鼻うがい。

これをとにかく丁寧に丁寧に日々継続していくこと。

これが今年必ずやるべきことなのです。

それに加えて、私は最近、仕事部屋の床掃除を兼ねて、雑巾で水拭きすることをはじめました。これがやるとびっくりするくらいスッキリ!するんですね。

時間を過ごすことの多い自宅スペースを、調った空間にしてパワースポット化しておくことは、エネルギーを高く保つ秘訣のひとつ。こちらも、もし余力があればぜひ挑戦してみて欲しいと思います。

未来のいつどこで何が起こるのか?なんてことは神様でもない限り絶対に予想できません。でも、大きな流れや方向性であればある程度見通すことができます。

そして他人の行動をコントロールすることはできませんが、自分の行動だけは自分の意志で100%コントロールすることができます。

今年最大のテーマは『まさか』に備える。そのために自分をしっかりと律して、生き方や働き方を変える準備を今のうちに徹底しておく。その成否が今後の人生を大きく左右することになります。

ちなみに『まさか』がやって来るタイミングというのは、別の視点から見れば、これまでの時代の流れが途絶えて新たな流れが生まれるタイミングとも言えます。

これは裏を返せば全ての人にとってビッグチャンスが来ていることも意味します。なぜなら、全ての人がスタートラインに立って、よーいドン!するようなものだからです。

「チャンスの女神は前髪しかない」

「成功するには準備が8割」

という言葉があるように、結局、未来を決めるのは今ここ、今この瞬間に、やるべきことだけに集中してエネルギーを注げているかどうかにかかっているのです。

この3年間は『まさか』に備える時でもあり、チャンスを掴み時代の流れに乗る絶好のタイミングでもあります。

そのチャンスを活かすためには当然、違和感をキャッチし、変化を感じ取り、勇気を出して流れに飛び乗るためのエネルギーが必要になってきます。

そのために必要なエネルギーを十二分に受け取れるように、今回の合宿はデザインされてますので、ぜひ積極的にご参加頂けたらと思います。

BO合宿2018春in熱海&箱根〜概要とタイムスケジュール

今回の合宿の具体的なスケジュールは以下のとおりとなっています。

事前アンケートでは合宿参加を希望される方が多かったこと、さらには会場が最大15名まで(会場のご厚意で最大11名→15名に拡大して頂きました!)という物理的な制約があるため

<1組> 5月11日(金)〜12日(土)

<2組> 5月23日(水)〜24日(木)

の2回に分けて開催することにしました。

※会場費が高額なため、各組ともに5名以上の参加があった場合のみの開催となります。その点は予めご了承ください。

以下、合宿の流れを詳しくご案内します。

 

◯1日目(5月11日、23日)

12:00 事前集合(JR熱海駅在来線改札口)※可能な方のみ

熱海駅の在来線改札口を出た(赤丸)のところに参加可能な方で集合して地元で愛されている来宮(きのみや)神社へ参拝し、あわせて一緒にランチをしたいと思います。

※私は11:44熱海着の新幹線で熱海入りする予定です。

12:30 来宮(きのみや)神社参拝

旅で訪れた場所にある、境内の調った神社を参拝するのがともたけ流のエネルギーチャージ法のひとつ。

その土地で祀られている神様に先にご挨拶をすることで、旅の安全を祈念するのはもちろん、その土地から人生を一気に加速させることができるほどの莫大なエネルギーを貰える可能性があるからです。

神社という場所は数百年、長いときは数千年の時を超え、その時代を生き抜いてきた人たちが祈りを捧げてきた、いわば莫大な意識(エネルギー)の集まった場所。

その調った境内に身を置き、そこに流れる空気を感じることで、合宿で受け取れるエネルギー量を可能な限り大きくすることができるのです。

調べたところ、熱海駅から1駅隣にある来宮駅の近くに、樹齢2000年を超える大楠のある来宮神社があることが判明。とある情報によれば来宮神社を訪れる7割はなんと20~40代の女性なんだとか。

どちらかと言えば年配の人が多い印象のある神社に若い女性が多く集まるのはかなり珍しいこと。そんな不思議な神社に今回はご挨拶も兼ねて皆で足を運んでみたいと思います。

来宮神社の公式HPには以下のような由来が掲載されていました。

古くから来宮大明神と称し、熱海郷の地主の神であって来宮の地に鎮座し、来福・縁起の神として古くから信仰されているほか、奈良・平安期の征夷大将軍坂上田村麻呂公は戦の勝利を祈願し、熱海来宮神社の御分霊を東北地方を始め、各地を統制して行ったと伝えられる由緒正しき神社。

神社参拝で受け取れるエネルギー量を多くするポイントは、参拝前に神社に祀られている神様や由来を知っておくこと。

ここが神社参拝のキモになりますので、参加を希望される場合は予め来宮神社公式HPを参照されておいてください。

熱海駅に集合した後は駅のコインロッカーに荷物を預け、タクシーに分乗、もしくは列車に乗って最寄りの来宮駅まで移動します。

<列車の場合>

熱海駅12:24発ー来宮駅12:26着

来宮駅14:43発ー来宮駅14:46着

14:50 正式集合(JR熱海駅在来線改札口)

15時のチェックイン10分前までに熱海駅前に集合して、会場の送迎車に乗って合宿会場まで移動します。

※最寄は来宮駅ですが列車本数が非常に少なく来宮駅へのアクセスが悪いため比較的便利な熱海駅を集合場所にしています。

15:00 合宿会場チェックイン〜フリータイム

15時に合宿会場となる貸切別荘GLAMDAY VILLA 海森風(グランディヴィラ うみともりとかぜ)にチェックインします。

所在地:〒413-0038  静岡県熱海市西熱海町1-22-5
TEL:0557-86-0008

公式サイトによると、高台にある広い一軒家でありながらも、ホテルのようなバトラーサービスも受けられるようになっています。

旅館やホテルのサービスを受けとるころもできる一方で完全プライベートな空間も所有できる。バケーションレンタルに旅館やホテルのサービスをプラスした自由という贅沢を楽しめる空間。魅力的な一日を過ごせる別荘それが「GLAMDAY VILLA」。

その広さ、なんと541.68㎡(163.85坪)!4ベッドルーム(ベッド8台、お布団3組)に4つのお風呂と5つのトイレ。お風呂は源泉かけ流しの露天風呂。水風呂とサウナも完備。

さらにはBBQの出来るテラスや散歩できるお庭まで付いてくるという豪華さ。2階建てでエレベーターも付いている、基本価格が2名1泊38万円〜の豪華ヴィラを今回の合宿会場としておさえています。

以下が会場の間取りです。広すぎるので迷子にならないよう十分ご注意ください(笑)

以下のように充実したアメニティも完備されていて、別荘とホテルのいいとこ取りをしたような至高の空間となっています。

以下、公式サイトのフォトライブラリーから。

写真から会場の雰囲気を感じつつ、これから毎日、合宿へ意識を向けながら、可能な限りエネルギーを高めてからご参加頂けたらと思います。

そうすることで受け取れるエネルギー量を最大化することができ、結果として参加費の何倍、何十倍もの価値を持って帰ることができますので。

チェックインしたあとはこの広い空間を余すところなく堪能して頂くために夕食までは完全フリータイムとします。

この会場ならではの情報発信用の素材となる写真やプロフィール写真を撮影してもいいですし、建物内を探検してもいいですし、お庭を散歩をしてもいいですし、おしゃべりをしてもOK。

ひとり瞑想をするもよし、温泉に浸かって旅の疲れを癒やすのもよし、読書をしてもよし、ベッドや布団で昼寝をしてもいいでしょう。

大事なことは、周りの人に気を使いすぎないこと。気とは読んで時のごとくエネルギーそのもの。それを他の人の為に使いすぎて自分が疲弊するのは本末転倒ですからね。

今回の合宿のひとつの目的は最大限に満たされたご自身のエネルギーMAX状態を知ることにあります。ですので、出来るだけ自分が満たされるような時間の使い方を優先するように意識してください。

合宿を通して自分最優先&ノー忖度で過ごすこと。それを心がけましょう。

あ、でも、私に何か相談したいことや、聞いてみたいこと、一緒に何かをしたいなどあれば遠慮なく声を掛けてくださいね。

私の身体はひとつしかありませんが、出来るだけ皆さんと一緒に良質なエネルギー循環を愉しみたいと思っていますので。

18:00 手巻き寿司パーティー開幕

昨年の金沢合宿でも好評だった手巻き寿司パーティーを今回も開催します。

バトラーさん運転の車で買い出しに行って調達してきた食材を使って、それぞれの好みでつくった手巻き寿司をほうばりつつ、美味しいお酒を味わいながら時間の許す限り語り尽くしましょう!

最近のラウンジでの様子を見ていると、なかなか表では言いにくいことを勇気を出してオープンにする自己開示がひとつのテーマのように感じています。

ですので、もし、自己開示をすることで、私を含めた参加者のご意見を貰いたいという方がいらっしゃいましたら、この場で心おきなくアウトプットしてみてください。

先に与えるものだけが受け取れるのがエネルギー循環のメカニズム。この場所でのアウトプットはきっと最高のギフトをあなたに届けてくれることでしょう。

ちなみに前回の金沢合宿ではふと気付けば午前4時前でした。。。そしてちょっとは寝ないといけないので渋々寝て目が覚めてみると朝7時すぎ。

あんなに食べて飲んでおしゃべりしまくってほとんど寝てないのにこのエネルギーの高さ。毎度のことながら自分でも驚かされます。

でも、人、場所、食の三拍子が揃うと、本来は寝ないとダメになるタイヘキ6種の私ですらもこれくらいのエネルギー状態になれるんです。

そういう最高にエネルギーMAXの自分を一度体感しておくこと。これが今年2018年以降、非常に重要になってきていますので、ぜひ一度経験されておいてください。

ただし、ここでも自分最優先&ノー忖度のルール遵守でお願いします。眠くなったら無理せず寝る。話したい人は話す。飲みたい人は飲む。エネルギーチャージのやり方は人それぞれ違います。

無理して他人に合わせるのは合宿の趣旨に反します。ですので常に自分の感覚優先で出来るだけ自然体で過ごすように心がけてください。そのうえで最高にエネルギーに満ちた自分を再発見して頂けたらと思います。

ただし、寝る前の鼻うがいだけは忘れずに!

 

◯2日目(5月12日、24日)

8:00 起床〜シンプルな日本の朝食

起床は8時を目安に。そこから皆で手分けをして、おむすびとお味噌汁が主体のシンプルな朝食を準備して美味しく頂きます。

前回の金沢合宿では美味しいお米と天然塩を使って、ともたけが祈りながら握ったおむすびと、微生物のパワーを有難く頂けるホッと落ち着くお美味しい味噌汁をご用意して、じんわりとエネルギーをチャージして頂きましたので、今回も同様にしたいと思います。

普段は慌ただしい朝だと思いますが、ここではゆったりマイペースを基本にしつつ、自分に出来ることを探しながら皆で一緒に朝食をつくりましょう。

ちなみに金沢で私が握ったおむすびはこんな感じでした。今回も私が皆さんのために心を込めて握りますのでお楽しみに!

食後は前日のチェックイン後の時と同様に10時までフリータイムとします。残りわずかとなった会場に未練を残さないように、思い思いに会場のなかで自由に過ごしてください。

10:00 箱根神社の秘密セミナー

箱根神社参拝を目前に控え、私が常日頃から意識しているエネルギー的に見て正しい神社参拝法を口頭でお伝えします。

神社に関する正しい知識というのは、基本的には書物に書かれているような文字ではなく口伝で伝えられていることがほとんどだったりします。

幸いなことに私はとある方とのご縁を頂いて、その一部に触れる機会がありましたので、普段は一切語らないようにしているお話を参加者の方限定で伝授したいと思います。

一般的に広まっている神社参拝法はエネルギー的に見ると実はとても勿体ないことが多かったりもします。その背景と理由をお話したいと思います。

また神社参拝を通じてエネルギーを頂いて帰るにはちょっとしたコツがあります。そのひとつが参拝する神社のことを事前によく知ってから参拝することなんですね。

そこで、今回は特別にネットや書籍などでは絶対に出てこない箱根神社の秘密をセミナー形式でお伝えしたうえで、箱根神社参拝を通じて莫大なエネルギーを受け取って帰って頂きます。

3年連続異常干支となる2018年に訪れるに相応しい場所として、どうして私が箱根神社を選んだのか?このセミナーを聞いていだければその理由がきっと腑に落ちることでしょう。

表では絶対に言わない(言えない)内容をここでは余すところなくお伝えしますので、ぜひお楽しみに!

11:00 チェックアウト〜箱根へ移動

貸切のマイクロバスに乗って箱根へ移動します。時間は45分程度を見込んでいます。

12:00 箱根にてランチタイム

※現在、素敵なレストランを調査中です。確定次第、お知らせします。

13:00 箱根神社参拝

箱根神社の秘密セミナーでお伝えした情報を胸に秘め、ともたけ流の神社参拝法を一緒に実践しましょう。改めてその場その場で私が解説しながらやり方をお伝えしていきますのでご安心ください。

そのうえで、セミナーでお話した内容を思い出して頂きながら

箱根神社に祀られている神様と2018年との関係は?

どうすれば神社参拝を通じて莫大なエネルギーを貰うことができるのか?

逆に神社参拝時には何をしないほうがいいのか?

それは何故なのか?

に意識を向けてみてください。そうすることでたくさんのエネルギーを受け取ることができますので。

箱根神社の秘密セミナーで学んだことを実際に現地で実践することで、今後プライベートで神社に参拝した時にも、上手にエネルギーチャージすることができるようになりますのでぜひお楽しみに!

なお、今回は時間の都合上、芦ノ湖畔にある里宮(上の写真参照)のみの参拝となります。ロープウェーを使わないとアクセスできず天候によっては参拝不可となる駒ヶ岳山頂の奥宮(下の写真参照)へは参拝しませんので予めご了承ください。

14:00 九頭龍神社参拝

九頭龍神社はもともと箱根神社の境外社として創建されました。

伝説によれば、芦ノ湖に住んでいた9つの頭を持つ毒龍が嵐を呼び村人を苦しめていたのを奈良時代の高僧「万巻上人」が倒し、その後改心した毒龍が龍神となったのを祀ったのが始まりとされています。

現在では縁結びの神様として若い女性を中心に人気の知る人ぞ知るパワースポット。自動車で行くことができず箱根神社から30分は歩かないとたどり着けない芦ノ湖畔の静かな森のなかに佇む神社です。

ですが、今回は箱根神社近くから船をチャーターして、芦ノ湖の水上を一気に移動して、皆で九頭龍神社へ参拝したいと思います。

毎月13日には月次祭が開催され多くの人でごった返す九頭龍神社ですが、普段はいたって静かな調った森の中の社。その空気感を存分に感じつつエネルギーチャージをさせて頂きましょう。

なお、実際に参拝に訪れた方のお話によると、この神社の近くでは突然スマホが動かなくなったりする現象が頻繁に起こるそうです。しかも地元の方もそれを当たり前のように受け入れているとのこと。

それを踏まえると、この神社付近はノイズに敏感な極めてエネルギーの高い場である可能性が極めて高いと言えますので、厳かな気持ちで心静かに参拝するように心がけ、目一杯のエネルギーを頂いて帰りましょう。

参拝後は、再びチャーターしたボートで芦ノ湖の上を移動して箱根神社へ戻り、貸切バスで再び熱海へと移動します。

16:00 熱海駅にて解散

名残惜しいですがこれで合宿は終了となります。

熱海と箱根の地で頂いた莫大なエネルギーを胸に、お気をつけてお帰りください。

参加費用、参加条件、お申込み方法など

参加費

宿泊費(GLAMDAY VILLA 海森風)、飲食代(1日目の夜、2日目朝と昼の計3食)、現地交通費(熱海の⇔箱根の貸切バス代)全て込みで、128,000円(税別)となります。

参加費を世間一般の感覚だけで見ると確かに高く感じるかもしれませんが、宿泊費だけでも通常1泊2名で38万円〜ということを考慮するとむしろリーズナブルですし、大人数で行くからこそのチャンスでもあります。

たとえジリジリしたとしても支払うことのできる金額が自分の受け取れる金額を大きくしてくれることは私の経験からも間違いありませんので「行きたい!」と感じたのであればぜひご自身の直感を信じて飛び込んで来て頂けたらと思います。

なお会場のキャパシティ&貸切バス手配の関係上、正式なお席の確保は参加費お振込み順とさせて頂きますことを予めご了承ください。

※神社でのおみくじ代やおやつは各自持参でお願いします!

お申込み方法

以下のリンクから必要事項をご入力のうえお申込みください。

なお、指定された口座への参加費のお振込を持って、正式な受付となりますので余裕を持ってお申込みください。

<1組> 5月11日(金)〜12日(土)
    ⇒1組へのお申込みはこちら

<2組> 5月23日(水)〜24日(木)
    ⇒2組へのお申込みはこちら

※お申込み期限:4月29日(日)いっぱい(両組とも同じ)

追伸

昨年9月の金沢合宿の後、参加者専用のFBチャット(メッセンジャー)では、今日こんな気づきがありました!、ふと、こんなアイデアが湧いてきました!、先日偶然の出会いがあってこんな流れになっています!、ついに決断しました!、といった報告が相次ぎました。

そしてそれぞれに相談したり、アドバイスしたり、励まし合ったり、時には叱咤激励したりと、自分の人生はもちろん、仲間の人生にも真剣に向き合う場が自然発生的に生まれたのでした。

その最終更新日を確認したところ、なんと2018年2月21日。気がつけば合宿から実に5ヶ月もの間、皆で一緒に人生を伴走していたのでした。

金沢合宿ではパートナーシップがテーマだったこともあって、「わたしたちって、もう血の繋がってない親戚のようなものだよね」という暗黙の前提すら出来上がっていたのです。

確かに合宿そのものだけを見ると1泊2日というほんの僅かな時間かもしれません。

でも、合宿に参加するというのは、金沢合宿その後の事例が示すとおり、その日だけで終わるものではなく、むしろそこから始まるものなのです。

なんとかして今の人生の流れを変えたい!そのためのエネルギーが欲しい!

そんな自分の本音をカタチにして、心の奥底に眠っている本気スイッチをONにするための絶好の機会、それがBO合宿という場の本質なのです。

今回の合宿も金沢と同様に唯一無二。同じ場はもう二度とやって来ません。

これから数ヶ月間にも及ぶ人生の変化を1泊2日で凝縮して受け取ることにコミットされる、あなたのご参加を心よりお待ちしています。

<1組> 5月11日(金)〜12日(土)
    ⇒1組へのお申込みはこちら

<2組> 5月23日(水)〜24日(木)
    ⇒2組へのお申込みはこちら

※お申込み期限:4月29日(日)いっぱい(両組とも同じ)